涼子と私のマクロビオティックダイエットのススメ〜入門編〜

トップページ ⇒ なぜマクロビオティックにこれらの食材が必要ではないの?其の2

なぜマクロビオティックにこれらの食材が必要ではないの?其の2

さっきの続きです^^

マヨネーズやケチャップなどの調味料

ポテトには欠かせませんよね?(笑)

これはなぜかと言うと、マヨネーズやケチャップ、スパイスなどは非常に刺激が強く、食材そのものの味が変わってしまうことです。

マクロビオティックでは日本で行うとやはり陰陽バランスの取れた和食が理想的なので、このような調味料は科学調味料なども多く含まれている場合が多いですし、控えておいたほうがダイエットにも効果的です。

電子レンジ

電子レンジはなぜ?と思う人が多いと思うと思いますが、英語で電子レンジの事を“マイクロウェーブ・オーブン”と言います。

このマイクロウェーブ(マイクロ波)は身体に良くないという研究がされているようで、数十年単位で見ると身体に有害だというわけで、使用は控えよういうのが私の考えです。

季節はずれの野菜

マクロビオティックの基本になることですが、これというのはやっぱり季節はずれの野菜を多く取ると陰陽バランスが崩れてしまうため身体に良くないということです。

例えば冬にキュウリなどの陰性な夏野菜を食べてしまうと、寒い季節なのに体温がまた下がってしまう効果があるということなんです。
陰性は身体の体温を下げ、陽性は身体を温める、季節の野菜をきちんと使用して、身体のバランスに合った野菜を食べましょうということです。

read next

お勧め
コンテンツ