涼子と私のマクロビオティックダイエットのススメ〜入門編〜

トップページ ⇒ なぜマクロビオティックにこれらの食材が必要ではないの?其の1

なぜマクロビオティックにこれらの食材が必要ではないの?其の1

なんでマクロビオティックにリストにした食材や調理法が不必要か考えてみましょう。

いずれもゆ最初はっくり使用を減らせば良い、くらいに留めて考えれば大丈夫ですよ。

まずは「お肉
お肉は一般的に蛋白源と知られていて、バランスの良い食生活には不可欠と考えられていますが、なぜお肉は必要では無いんでしょうか?

お肉は考えているよりも栄養が無いのかも?

それは、実はたんぱく質が満タンだと思われているお肉は実は調理前の状態なんです。

調理(火を通す)した後は、たんぱく質の中でも必要な必須アミノ酸が壊れてしまうので、良質な蛋白源とは言えず、コレステロールも多く、健康面でも負担になってしまいます。

お肉って高蛋白で栄養あるって言うイメージあるけど、あれって昔の事なんやね〜。
今のは工場で餌とホルモン剤あげているだけで、昔の良く運動していた動物達に比べれば栄養なんてほどんどないんやわ。

次は「白米」。

白米はお米の一番栄養のあるぬか層や胚芽の部分を取り去られてしまった、一番栄養の無い部分を食べる事になります。
食物繊維やビタミン、ミネラルに乏しく、玄米に比べたらほとんど栄養はありません。

マクロビオティックでは玄米を食すことを推奨していますので、最初は玄米100%と行かずも、お米屋さんで胚芽米や分つき米(少しだけ精米したもの)を頼めば良いと思います^^

次は「砂糖」です。

砂糖自体が悪いと言っては多くの人に避けられてしまいますが(笑)、マクロビオティックダイエットでは砂糖、糖分を穀物や野菜から取ることを良いと考えています。

最初は空腹時のチョコレート菓子を避けよう程度に考えて入れば問題ないと思いますよ^^

少し長くなりましたので、次のページで他の物の紹介をしましょう^^

read next

お勧め
コンテンツ