涼子と私のマクロビオティックダイエットのススメ〜入門編〜

身土不二とは

マクロビオティックの基本概念の一つ、「身土不二」とは何なんでしょうか?

マクロビオティックには「身土不二」、「一物全体」、「陰と陽」の考え方がありますが、この「身土不二」は言葉が難しかったので、理解するのに一番時間が掛かりました(笑)

様々な書籍で色々な難しい説明をしていますが、解りやすく言えば、「その土地で取れた食べ物を取りましょう」と言うことです。

例えば、フィリピンで取れた熱帯の果物、パパイヤやバナナなどを常食していると、日本のような温帯にいる人の体のバランスが悪くなってしまうということですね。

地元で取れた食べ物は体に合う食べ物です♪

「体と土は一体である。」ということですので、なるべく身近な食べ物を取りましょうということですね。

なるべく国産の食べ物を、同じ地方の食べ物を買う、そうすることによって自分の体も今いる地域の気候になれることが出来るということなんですね^^

地域で取れた野菜・穀物を積極的に食事に取り入れようとすると、健康面だけでなく、食材の輸送のコストが減るので環境にも優しいんやね〜。
こういう地域で取れた物を食べようという習慣が戻れば食料自給率も上がるんで、マクロビオティック的考え方は経済にも良いんかな?^^

次は「一物全体」を見てみましょう^^

read next

お勧め
コンテンツ