涼子と私のマクロビオティックダイエットのススメ〜入門編〜

陰と陽を知る

これは私が一番好きなマクロビオティックの考え方の一つです。
最初は分けが分からずに敬遠していましたが、一度理解してしまうととても楽しくなる食べ物に対する考え方の一つなんですよ。

食べ物には陰性と陽性のものがあります。
陰性の食べ物は体の熱を下げてくれ、陽性の食べ物は体を温めてくれる、という効果があるんです。

例えば、夏の野菜、きゅうり、ナス、トマト等は陰性の食べ物です。
夏の暑い時期に陰性の食べ物を得ることによって体の熱を冷ましてくれる効果があるので、夏の野菜は夏には丁度良い働きをしてくれるんです。

野菜は季節のものを使いましょう。

逆に水菜、ニラ、カブ、白菜などの陽性な冬の野菜は、寒い冬の時期に体を温めてくれる効果があるんです。
冷え性で困っている人は冬は冬の野菜だけを取るようし、切り干し大根などの特に陽性な食べ物を取っていると冷え性が解消されるという場合があるんです。

おそらく人間って年齢でも陰性や陽性の違いがあるんやと思います。
「子供は風の子、大人は火の子」って良く言いますけど、つまり子供のほうが陽性の体を持っているということちゃうんでしょうか?
年とともに陰性になる体をマクロビオティックの食事法で陽性に保つ、こういう考え方もあるんやさかい。

つまり、マクロビオティックの陰と陽の概念は「季節に合った食べ物を頂くこと」、それだけなんです。

季節に合った野菜を選んで食していれば、冬の寒い時期にビニールハウスで人工的に温度を管理している野菜などを取る必要がなくなるため、地球環境にも非常に良い効果があるんです。

体や地球にも優しい、そして意識して食材を選んで入れば料理や食事がもっと楽しくなる、それがマクロビオティックの陰と陽の考え方です。

季節の野菜が分からない人のために、野菜表を用意しました。参考にして下さい^^
季節の野菜

read next

お勧め
コンテンツ