涼子と私のマクロビオティックダイエットのススメ〜入門編〜

一物全体とは

マクロビオティックの基本概念である一つの、「一物全体(いちぶつぜんたい)」どう言う事かというと、単純に食材をそのまま食べましょうという意味です。

野菜であれば皮を向かずに食べる。根っこの部分もキレイに洗って食べる、そういう無駄の無い食べ方が「一物全体」でもあります。

私の場合は大根であれば皮を剥かずに。カブであれば皮の部分、葉の部分、根っこの部分と捨てるところなく使うのが大好きですし、生ゴミの量も減って環境にも良いです。

食べ物は残さず使いましょう^^

なぜ一物全体のような考え方があるのかというと、野菜や穀物の皮には、身の部分以上の食物繊維、そしてミネラルやビタミンがあるからなんです。

これって玄米の場合も同じですよね。皮の部分に最も栄養があるんです。玄米も他の穀物も皮の部分に栄養がある、それをムダにすることなくいただきましょう、それが一物全体の考え方なんです。

皮の部分ってほんまに良い効果があるんやね〜。
女性ならお顔のパックも野菜や果物の皮を使ってするのを知ってるんやよ。
栄養のある部分はお肌だけでなく、体やダイエットにも良い効果なん。

次は「陰と陽」について、

read next

お勧め
コンテンツ